Q&A

Q : 相続放棄をした後に、多額の財産が発見された場合、その財産は相続できますか?

A : 相続放棄が家庭裁判所に受理されたら、借金を相続しないだけではなく、預貯金や不動産といったプラスの財産も相続することはできません。
 仮に、マイナスの財産を上回るプラスの財産が後から見つかっても、残念ながら相続することは出来ません。一度相続放棄をしてしまったら、撤回はできないからです。

Q : 借金がどれくらいあるのか分からないのですが、相続放棄したほうがいいのでしょうか?

A : あきらかに借金が上回る恐れがあるのであれば、相続放棄をした方が無難でしょう。
プラスの財産が多いのか、マイナスの財産のほうが多いのか分からないような場合には、限定承認という選択肢もあります。
また、3ヶ月の期間だけでは、相続の承認や放棄の判断をするための相続財産の調査ができないような場合には、相続放棄の申述期間を延長する制度もありますので、一度ご相談ください。

Q : 相続放棄をすると、生命保険金や遺族年金は受け取ることが出来なくなりますか?

A : 生命保険金については、受取人として「特定の相続人」が指定してある場合には、その相続人の固有の財産となりますので、相続放棄をしても受け取ることが出来ます。
遺族年金についても各法律により遺族が受給権者として定められていますので、その者の固有の権利となることから、相続放棄をしても受け取ることが出来ます。

Q : 父が亡くなって3ヶ月経過してから、督促状が届き、この時に初めて父に借金があることを知りました。3ヶ月経過してしまっているので、相続放棄は出来ないのでしょうか?

A : 相続放棄の熟慮期間である3ヶ月は、「自己のために相続の開始があったことを知った時」から起算されますが、この「自己のために相続の開始があったことを知った時」については「相続人が相続財産の全部または一部の存在を認識したときまたは通常これを認識しうべき時」とする判例もあります。
ご質問のようなケースの場合、3ヶ月経過後でも相続放棄をすることが可能な場合もあります。

Q : 相続を承認するか、放棄をするか悩んでいるのですが、被相続人の現金はどうすればいいですか?

A : 処分をせずに保管ください。
処分をすると相続放棄が出来なくなる可能性があります。
また相続放棄後でも相続財産である現金を処分すると、相続放棄の効果は覆ってしまうことにもなりかねませんので、注意が必要となります。

メール相談受付はこちら