相続放棄の落とし穴

1. もし業者から債権放棄の書面が届いたら・・・

 お金を借りていた方が亡くなり相続が発生した場合、業者が相続人に対して債権放棄の書面を送ってくる場合があります。
相続人からすれば借金を免除してくれるというのですから、「助かった…」と安心して満足してしまいがちです。

しかし、ここに落とし穴があります。

業者が債権放棄の書面を送ってくるのは、下記の理由が考えられます。
・過払い金返還請求をしてこられては困る場合

ですから、業者から債権放棄の通知が来たとしても、借金が無くなるということだけに満足するのは危険です。
故人が借金をされている場合は、すぐに放棄するのではなく、業者との取引内容を確認したり、司法書士に相談し、調査してもらうことをお勧め致します。

2. 相続放棄と財産分割の違い

「預金も不動産も受け取らないと決めたので、私は遺産を放棄した。」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、厳密に言うとこれは相続放棄したことにはなりません。
例えば、相続人AとBの2名だったとするとA・B間での話し合い(遺産分割協議)の結果、「Bは何も遺産を取得しないで、Aだけが全ての遺産を取得する」との合意がなされた様なケースです。これは、法的に言うと「遺産分割協議により、Bは相続分をゼロとする合意」がなされたに過ぎず、民法が規定する相続放棄とは全く異なるものです。

つまり、「家庭裁判所での手続き以外は相続放棄とはならない」のです。

話し合いで自分の相続分をゼロにした場合、プラスの財産はもらえませんが、マイナスの財産はまぬがれることはできません。

たとえ、話し合いの中で「プラスの財産をもらわない代わりに、マイナスの財産も他の相続人になんとかしてもらう」という合意がなされたとしても、債権者の承諾がない限り、請求に応じて弁済しなければなりません。

一方、相続放棄の手続きを正式にふめば、プラスの財産もマイナスの財産も無関係となりますので、負債を免れることができます。

メール相談受付はこちら