相続放棄の基礎知識

女性の写真

 「相続放棄」の言葉の意味は文字通り、「相続人が遺産の相続を放棄すること」というものです。つまり、相続されるひと(要するに亡くなった人)の資産を一切受け取らないという事です。

 相続放棄を正しく理解するためには、もうすこし「相続」を理解する必要があります。そもそも相続とは、「不動産」や「現金」などの財産のほかに、借金などについても自動的に引き継ぐことです。

 つまり、亡くなった人が、生前に借金をしていた場合や、連帯保証人になっていた場合、金融機関などから亡くなった人の相続人に対して、借金の返済を求められます。自分とはまったく関係のない借金でも相続によって支払い義務が生じてしまうのです。

 そこで、「相続放棄」という方法が用意されています。相続放棄が裁判所に認められれば、故人の残した借金の支払いに応じる必要は一切なくなります。

男性の写真

 さて、この相続放棄ですが、正式な手続をふまなければ法的に認められません。自筆で「相続放棄します」と書いても誰も認めてくれないのです。では、どうやって相続放棄をすればいいのかと言いますと、家庭裁判所へ「相続放棄する」と申述する必要があります。

 家庭裁判所へ相続放棄の申述するためにはいくつか注意点がありますので、まとめますと、

  1. 相続放棄をするためには自身に相続が始まったことを知ってから、3ヶ月以内に家庭裁判所に申述する必要があります。
  2. 一人が相続放棄をすると、相続は借金も含め法律で定められた相続の順位が変わってしまうことがあります。知らない間に借金返済の義務が課せられてしまうようなこともあります。
  3. 相続する財産を選ぶことはできません。「全て相続する」か「全て放棄する」ことのどちらかしか選ぶことはできません。

自分の家族や親戚などが莫大な借金を作っているなどの話を聞いたことがあるのなら、特に注意が必要となります。

● 相続放棄のメリットとデメリット

メリット

借金、負債を背負わなくてすむ

相続放棄をする人の大方の理由は、被相続人の債務超過です。
また、被相続人と疎遠で「借金しているかどうか分からないが、借金をしているおそれがある。」という場合も相続放棄した方が良いことがあります。

財産を分散せずにすむ

相続財産全てを1人(又は少数人)に相続させるために、他の相続人が辞退する時に相続放棄は活用されます。

他の相続人と関わらなくてすむ

ほとんど面識のない他の被相続人と相続手続きをしなければならない場合や、他の相続人と仲違いをしている場合などにも有効な手続きです。

デメリット

財産を相続できません

被相続人の相続財産を一切相続できません。
※当事務所では、相続したいというもの(家や土地)がある場合、相続放棄以外の方法がないか一緒に検討いたします。

相続放棄後は撤回できません

原則、一旦相続放棄したものを撤回することはできません。相続放棄した後にマイナスの財産を上回るプラスの財産が発見されるなど、後々に後悔してしまう場合もございます。 事前にしっかり調査、確認しておく必要があります。

● 相続放棄の流れ

ステップ1

ステップ2

ステップ3

ステップ4

ステップ5

ステップ6

ステップ7

ステップ8

ステップ9

  • まずはお電話にてご相談ください。
  • 電話受付担当が、簡単に状況をお伺いした後、面談する日程を決めます。
  • 司法書士によるご相談
  • 聞き上手の司法書士が優しく、丁寧にお客様のご相談を伺います。
  • プライバシー厳守ですので、安心してご相談ください。
  • 相続放棄のご提案と費用のご案内
  • お客様にとって最適なプランとわかりやすい料金をご提示いたします。
  • 内容にご納得いただきましたら契約となります。
  • 【お持ちいただくもの】戸籍謄本、認印、本人確認書類
  • 相続人および相続財産の調査
  • 面倒な戸籍等の必要書類の収集は当事務所で代行できます。
  • また、その戸籍を元に相続人を確認し、聞き取り調査などで
  • 相続財産を特定します。
  • 必要書類の取得
  • 相続放棄申述に必要となる戸籍謄本、被相続人の住民票の除票、
  • 相続放棄申述書などの資料を取得します。
  • 相続放棄申述書作成と家庭裁判所への申し立て
  • 調査結果をもとに相続放棄申述書を作成し、管轄の家庭裁判所へ
  • 提出します。
  • 相続放棄照会書の記載
  • 家庭裁判所からお客様へ相続放棄に関する照会書が送られてきます。
  • 相続放棄する要件を満たしているか否かを問う質問事項になります。
  • 分からない点は当事務所にご相談ください。
  • 相続放棄申述受理通知書が届く
  • 約1週間から10日程で、家庭裁判所から相続放棄申述受理通知書が
  • 送られてきます。
  • 相続放棄申述受理証明書の取得
  • 対外的に相続放棄の事実を証明するため、必要に応じて相続放棄申述受理
  • 証明書を取得します。
  • これで相続放棄手続きが完了となります。

メール相談受付はこちら