3ヶ月期限後の相続放棄

3ヶ月期限後の相続放棄

通常、相続放棄の申立ては、「自身が相続人であることを知った日から3ヶ月以内」に手続きをしなければならないと法律で決められていますので、相続発生後3ヶ月以内でなければ、家庭裁判所に受理してもらうことが非常に難しくなってしまいます。

そして、注意しなくてはならないのは、「相続放棄に関する法律を知らなかった」という言い分は認められないということを肝に銘じておかなければなりません。

「相続放棄の手続き期限は3ヶ月以内」という期限を本当に知らなかったとしても、知っていたものとして扱われますので十分注意が必要です。

相続が開始したことを知ってから3ヶ月を経過している方は、無事に相続放棄が受理されるか。

また、相続放棄が受理されなかった場合、手続き費用が無駄になってしまうのではないかと不安に思われていることでしょう。

しかし、ご安心ください!

ゆう法務事務所は、可能な限り3ヶ月期限後の相続放棄の申し立てを行います。

とは言え、当事務所においてこれまで受理されなかったという事例はありませんが、期限後の相続放棄が100%受理されると確約できるものではありません。

その為、当事務所では、期限後の相続放棄を検討されている方にとってはリスクの少ない「返金保証制度」を導入しており、相続放棄の申述が家庭裁判所に受理されなかった場合は、頂いた費用をご返金させていただきます。

※ただし、実費など(戸籍収集費用など)は不受理の場合でも頂きます。

メール相談受付はこちら