HOME > よくある質問 > 任意整理について

よくある質問

任意整理について

  1. 任意整理をするとどんな不利益がありますか?
  2. 自分でも任意整理は出来ますか?
  3. 消費者金融の借金だけを任意整理する事は可能ですか?
  4. 任意整理で和解が成立しない場合はありますか?
  5. 任意整理を行った場合、支払い期間はどれくらいになりますか?
  6. 任意整理を依頼した場合に何かしなければならない事はありますか?
  7. 家族に内緒で、任意整理が出来ますか?
  8. 保証人がついている場合、任意整理をすると保証人に迷惑がかかりますか?
  9. 任意整理を依頼すると、貸金業者からの請求はどうなりますか?
  10. 任意整理をしても借金できますか?
任意整理をするとどんな不利益がありますか?
個人信用情報機関に登録されるため一定期間(一般的には5~7年間)金融機関からの借入れは出来なくなりますが、その他には殆ど不利益はないと言えます。
数ある債務整理手続きの中では最も不利益の少ない手続きでもあります。
自分でも任意整理は出来ますか?
弁護士や認定司法書士を通さずに債務者本人が任意整理を行っても、 債権者が交渉に応じる可能性は極めて低いと思います。
もし、交渉に応じる債権者があったとしても債務者に専門的知識がないのをいいことに極めて不利な条件での和解となってしまう危険性があるため、専門家に相談することをお勧め致します。
消費者金融の借金だけを任意整理する事は可能ですか?
可能です。
担保・保証人が付いている等、任意整理することに支障がある債権者の場合は手続きから外すことが可能です。
ただし、借金整理を行う目的が借金からの開放という生活の再建色が強い場合等は基本的に全ての債権者の手続きを行うことをお勧めします。
任意整理で和解が成立しない場合はありますか?
通常のケースではありません。
任意整理で和解が成立するためには債権者の和解に対する協力が不可欠ではありますが、殆どのケースでは和解に応じてもらえます。
ただし、借りて一度も支払っていなかったり、極端に支払い原資が少ない場合等は和解が困難なケースもありますので、任意整理を行う前に十分に履行可能性を検討する必要はあります。
任意整理を行った場合、支払い期間はどれくらいになりますか?
基本的には債権者との話し合いによって支払い期間を決めることが出来ますが、通常3年以内というのが基本になってきます。
ただし、ケースによっては4~5年の分割払いも可能な場合があります。
任意整理を依頼した場合に何かしなければならない事はありますか?
基本的には何もありません。
交渉はすべて代理人が行いますので一切の面倒はありません。
ただし、債権者から送られてきた取引履歴が正しいものであるか等の確認のため、お手持ちの契約書や領収書の控えを探して頂いたり過去の記憶を思い出して頂いたりということはあります。
家族に内緒で、任意整理が出来ますか?
可能です。
基本的にはご自身で毎月の支払い原資が確保出来るのであれば、特にご家族の協力が必要な手続きではありませんので、ご家族に話をすることなく任意整理は行えます。
保証人がついている場合、任意整理をすると保証人に迷惑がかかりますか?
その場合、保証人に対して一括請求がいくことになると思われますので保証人の方も一緒に任意整理、若しくは、他の債務整理手続きをとることをお勧めします。
任意整理を依頼すると、貸金業者からの請求はどうなりますか?
貸金業者からの請求は止まります。
当事務所では、ご依頼を頂くと直ちに債務整理開始通知を債権者に発送しますので、貸金業者から直接ご本人様に請求がいくことはなくなります。
ただし、一部の違法業者(ヤミ金)については、当事務所から通知を発送しても執拗な取立て行為が続くことがあります。
任意整理をしても借金できますか?
信用情報機関に登録されるため、概ね5~7年は新たな借金は、原則的にできません。
電話・メールでのお問い合わせ 0120-141-461 0120-141-454

「司法書士法人 ゆう法務事務所」は過払い請求、任意整理など債務整理を行う大阪の法務事務所です。